【無料でできる】Sweatcoinの特徴と始め方を徹底解説

GemeFi

歩いて稼げる「STEPN(ステップン)」が仮想通貨界隈で人気ですが、NFTシューズが高くて参入するのに迷っている方もいるのではないでしょうか?

STEPNは費用が高くてできないけれど、リスクが低くて似ているサービスとかないかなぁ?

上記のような方にぴったりなのが、無料で仮想通貨を稼げるスマホアプリの「Sweatcoin(スウィエットコイン)」。アプリをインストールして初期設定するだけで、歩いた歩数に応じて仮想通貨を稼げます。

今回は、歩いて仮想通貨を稼げるSweatcoinの特徴と始め方について解説します。

この記事を読むことで、Sweatcoinアプリをインストールして利用するまでの方法について理解できます。

また、Sweatcoinのメリットとデメリットについても解説しているので、Sweatcoinに興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね!

Sweatcoin(スウェットコイン)とは

サービス名Sweatcoin(スウェットコイン)
アプリ名Sweatcoin
独自通貨Sweatcoin(SWC)
1コインあたりの価値なし(今年の夏に上場予定)
利用者数5000万以上
必要な資金無料
公式サイトhttps://promote.sweatco.in

Sweatcoinは歩いた歩数に応じて仮想通貨が貰えるスマホアプリ。現在流行っているSTEPNと同じMove to Earnの1種です。

Sweatcoinアプリは無料で利用できるということもあり、現在30カ国以上で利用されている人気のサービスです。

現在は1,000歩、歩くことで1Sweatcoinを獲得できます。とはいえ、まだ上場していないので現状はコインの価値はありません。

Sweatcoinは今年の夏に上場予定。上場したあと1コインあたりの値段が決まるので、今から利用してコインを貯めておくことで大きな利益につながる可能性もあります。

使い方も、アプリをインストールして歩くだけなので簡単。仮想通貨に関心があるけれど不安が大きい方でも、リスクを取ることなく利用できます。

Sweatcoinの始め方

Sweatcoinはアプリをインストールして初期設定するだけで利用できます。

アプリのインストールから初期設定までの流れを実際の画像を使って解説するので、実際に操作しながら進めてみてくださいね!

Sweatcoinをインストールする

まず、Google Play StoreApple StoreでSweatcoinをインストールします。

インストールすると「開く」ボタンを押してSweatcoinを起動します。

Sweatcoinの初期設定をする

Sweatcoinのサインアップページが表示されるので、画面下にある「Googleでサインアップ」をタップします。

GoogleのアカウントでSweatcoinにログインする手続きを行います。

「〇〇として続行」というボタンをタップして次に進みましょう。

「GoogleFitを有効にする」ボタンをタップします。

ここで「スキップ」すると歩数がカウントされない可能性があるので、必ず有効にしましょう。

画面下にある「許可」をタップしてGoogle Fitを許可します。

アプリを画面上で操作していない状態でも実行できるバックグラウンド通信の有無を設定します。

「歩数のカウントを許可する」ボタンをタップすると、アプリ画面を閉じた状態でも歩数がカウントされるので、今回は許可することを前提に進めます。

バッテリーの最適化は後ほど再設定できるので、バックグラウンドでも歩数カウントするために「許可」ボタンをタップしましょう。

最後に、画面下にある「了解しました」をタップして初期設定完了です。

Sweatcoinのウォレットを作成する

初期設定の次は、歩いて稼いだコインを保有するウォレットを作成します。

まず、Sweatcoin表示画面の下部にあるアイコンから、家の形をしたホームアイコンをタップします。

ホーム画面を下にスクロールすると上記画面が表示されるので「Sign up to claim」をタップします。

「今年の夏にSweatcoinは仮想通貨としてリリースされるよ」という文章です。

「Learn more」ボタンをタップして次に進みましょう。

「Next」ボタンをタップします。

こちらも同じく「Next」ボタンをタップします。

「Next」ボタンをタップします。

「Get your wallet」ボタンをタップするとウォレットが作成されます。

メールアドレスを入力して「I understand」ボタンをタップします。

設定したメールアドレスへ認証コードが送信されているので、上記画面の入力欄に指定します。

上記の画面が表示されると、無事Sweatcoinのウォレット作成完了です!

Sweatcoinのメリット

Sweatcoinを利用するメリットは下記の通りです。

  • 無料で利用できる
  • STEPNと併用できる
  • 運動する習慣がつく

各内容について詳しく解説します。

無料で利用できる

見出しの通り、Sweatcoinアプリは無料で仮想通貨を手に入れることができます。

無料で入手した仮想通貨は今年の夏に上場すると価値がつくので、日本円として換金できるようになります。

歩くことで仮想通貨を稼ぐSTEPNやSTEP APPは、NFTの電子シューズを購入する必要があります。

Sweatcoinは無料でできるだけでなく、上場を控えており世界中に利用者がいるので低リスクながらも将来期待できるのです。

ほかのアプリと併用できる

Sweatcoinはアプリを閉じた状態でも歩数がカウントされるので、同じMove to EarnであるSTEPNと併用して利用できます。

2つのアプリを同時に利用することで効率よく仮想通貨を増やせるので魅力的ですよね。ほかにも、移動中に軽くスマホアプリを触ったり、音楽を聞いても歩数はカウントされ続けます。

常時アプリを開く必要がないので手間がかからないのも特徴。めんどくさがりな方でも気づいたら仮想通貨が増えているのはSweatcoinならではのメリットです。

歩く習慣が身に付く

Sweatcoinを利用することで、歩くことに動機が生まれて運動の習慣化につながります。

上記のように、歩くことを習慣化することでダイエット効果も期待できますね。

Sweatcoinは無料で仮想通貨を稼げるという点が注目されていますが、歩く習慣による健康効果も魅力的な自己投資になります。

Sweatcoinのデメリット

Sweatcoinのデメリットは下記の通りです。

  • いくら稼げるのかわからない
  • 本当に上場するのか不明
  • 電池消耗が激しくなる

上記のように、Sweatcoinはまだ上場していないという理由で不明点の多さがデメリットになります。

また、Sweatcoinをバックグラウンド通信する場合、利用前と比べて電池消耗が早くなるのもデメリット。とはいえ、実際にバックグラウンド通信で試してみましたが目立った電池消耗は感じませんでした。

Sweatcoinは、現状どれくらい稼げるのかわからず、そもそも本当に上場するのかも明確ではありません。

しかし、もしも全世界で5,000万人以上が利用しているSweatcoinが上場したら、1コインあたりの価格も期待できますよね。

また、仮想通貨の上場直後は価格が上がりやすいため、今のうちにコインを貯めておくことで大きな先行者利益を得られる可能性があります。

まとめ:Sweatcoinは上場前にやるのがおすすめ!

本記事で紹介したSweatcoinの特徴と始め方をまとめました。

  • 無料で仮想通貨を入手できる
  • アプリインストールして初期設定するだけで利用できる
  • 上場するまではコインの価値がない。今年の夏に上場予定
  • 利用者数5,000万以上

上記のように、無料で簡単に始められるだけでなく、ユーザー数が多いので上場後の価格にも期待できます。

上場する前にSweatcoinをインストールして、仮想通貨を貯めることが最もおすすめです。この記事を見て興味を持った方はぜひ試してみてくださいね!

コメント

  1. Erickreoth より:

    [url=https://whyride.info/]whyride[/url]

  2. Erickreoth より:

    whyride

タイトルとURLをコピーしました